国民栄誉賞にふさわしくない人は誰?過去の受賞者一覧2021を振りかえって調査!

国民栄誉賞くさわしくない人

2022年11月22日に、先日メジャーリーグで満場一致でMVPを獲得したばかりの大谷翔平選手が国民栄誉賞を辞退したとのニュースが舞い込んできましたね。

過去にはいろいろな人が国民栄誉賞を受賞してきたワケですが、そこでふと気になるのが国民栄誉賞にふさわしくない人っているのだろうか?という疑問。そこで、

  •  国民栄誉賞にふさわしくない人がいる?世間の口コミを調査!
  • これまでの国民栄誉賞一覧まとめ
  • 国民栄誉賞とは?どんな人がもらうの?
  • 国民栄誉賞は剥奪・取り消しされることもある?

について調べてみました!


国民栄誉賞にふさわしくない人はいるのか?

国民栄誉賞といえば、もし受けられるようなことがあればぜひぜひお受けしたい、日本では知らない人はいないと言ってもいいほど有名な名誉ある賞ですよね。

しかし、今までの国民栄誉賞の受賞者を見ていると、

  • ふさわしくないのではないか?
  • なぜ受賞できたのか分からない

といった厳しい意見のある方も中にはいらっしゃいますね。そこで当ブログ独自アンケート調査にて、いったいどんな方々が「国民栄誉賞にふさわしくない」と巷で言われているのか調べてみました。

意外と厳しい意見が目立ちますが、中でも松井秀樹選手には手痛い意見が目立ちますね。

松井秀喜選手は、長嶋茂雄監督がどうしてもドラフトで獲得したかった選手で直接手塩にかけて育てた愛弟子だったそうです。

長嶋茂雄監督の野球を国民的なスポーツまで高めた功労が認められていますが、そのあまりの功労の偉大さに国民栄誉賞をもらうのが遅かった、とまで言われるほど。

最初に受賞した王貞治監督も”長嶋茂雄さんが最初にもらうべきだった”と回顧しているほどです。

3回も辞退したイチロー選手は有名ですが、過去にはメジャーリーガーのパイオニアとして活躍された野茂英雄選手も国民栄誉賞の打診があったそうですが、同様に辞退されているんですね。

\国民栄誉賞を辞退した著名人はイチローだけではなかった!国民栄誉賞の辞退した人とその理由が納得!?/

 あわせて読みたい

 


これまでの国民栄誉賞の受賞者一覧まとめ

これまで日本で受賞してきた国民栄誉賞の受賞者を一覧にまとめてみていきましょう♪

No 氏名 表彰年月日 功績
1 王貞治 1977年9月5日 ホームラン新記録達成
2 古賀政男 1978年8月4日 「古賀メロディー」作曲による功績
3 長谷川一男 1984年4月19日 卓越した演技と映画演劇界への功績
4 植村直己 1984年4月19日 世界五大陸最高峰登頂などの功
5 山下泰裕 1984年10月9日 柔道における真摯な精進、前人未到の記録達成
6 衣笠祥雄 1987年6月22日 柔道における真摯な精進、前人未到の記録達成
7 加藤和枝
(美空ひばり)
1989年7月6日 歌謡曲を通じて国民に夢と希望を与えた功
8 秋元貢
(横綱 千代の富士)
1989年9月29日 相撲界への著しい貢献の功
9 増永丈夫 1992年5月28日
10 長谷川町子 1993年2月26日 家庭漫画を通じて戦後の日本に潤いと安らぎを与えた功
11 服部良一 1993年2月26日 数多くの歌謡曲を作り国民に希望と潤いを与えた功
12 田所康雄
(渥美清)
1996年9月3日 映画「男はつらいよ」シリーズを通し、人情味豊かな演技で国民に喜びと潤いを与えた高
13 吉田正 1998年7月7日 「吉田メロディー」作曲による功
14 黒澤明 1998年10月1日 数々の不朽の名作により映画史に輝かしい形跡を残した功
15 高橋尚子 2000年10月30日 2000年シドニーオリンピック女子マラソンで優勝、日本女子選選手初の金メダル獲得の功
16 遠藤実 2009年12月22日 世代を超えて長く愛される名曲を残した功
17 村上光
(森光子)
2009年7月1日 舞台「放浪記」にといて2000回を超える主演を務めた功
18 森繁久彌 2009年12月22日 映画、演劇、放送の各分野において第一線で活躍した功
19 FIFA女子ワールドカップ
ドイツ2011日本女子
代表チーム
2011年8月11日 「なでしこジャパン」として日本女性の素晴らしさを世界に発揮し国民に勇気と希望を与えた功
20 吉田沙保里 2012年11月7日 世界選手権大会、オリンピックを通じて世界大会13連覇という前人未到の偉業を成し遂げた功
21 納谷幸喜 2013年2月25日 大相撲史上最多となる32回の幕内優勝などの輝かしい功績を残した功
22 長嶋茂雄 2013年5月5日 日本の野球史上にのこる顕著な貢献の功
23 松井秀喜 2013年5月5日 野球界に世界的な功績と新たな足跡を残し、青少年に夢と希望を与えた功
24 伊調馨 2016年10月20日 オリンピック史上初めて女子個人種目4連覇という偉業を達成した功
25 羽生善治 2011年8月17日 将棋界初の永世7冠という歴史に刻む偉業を成し遂げた功
26 井山裕太 2018年2月13日 年間グランドスラムを含む囲碁界初の二度の7冠同時制覇したという偉業を達成した功
27 羽生結弦 2018年7月12日 冬季オリンピック個人種目、日本人初の連覇、フィギュアスケート男子競技66年ぶりの連覇など数々の世界の歴史に残る偉業を達成した功

 

 

国民栄誉賞とは何?どんな人がもらうの?

国民栄誉賞とは、いったいどんな賞でどうやって決まるものなのでしょうか?

国民栄誉賞は、内閣総理大臣の決定により授与されるのですね。

1 目的

この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする。

2 表彰者

内閣総理大臣

3 表彰の対象

内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを適当と認めるものに対して行う。

4 表彰の方法

表彰は、国民栄誉賞を授与して行う。
国民栄誉賞は、表彰状及び盾とする。
表彰に当たっては、記念品又は金一封を添えることができる。

₋引用元:内閣府

国民栄誉賞を受賞した人は、その名誉だけでなく、記念品や金一封まえもらうことができるのですね!


国民栄誉賞は剥奪されることもある?

国民栄誉賞は、授与されてからのちに剥奪されることもあるのでしょうか?

答えとしては、国民栄誉賞はいちど内閣総理大臣から授与されたら、のちに本人に不祥事はあったとしても、剥奪までされた例はありません。

そもそも、国民栄誉賞が産まれるきっかけとなったのが、国民栄誉賞・初代の王貞治氏が外国籍のため叙勲できないという理由で作られたものなのですね。

まとめ:国民栄誉賞にふさわしくない人?これまでの受賞者一覧を振りかえって調査!

以上、国民栄誉賞にふさわしくない人として話題に上がっている方たちや過去の受賞者一覧にスポットを当ててみました。

\大谷翔平選手も辞退?過去に国民栄誉賞を辞退した人たちとその理由とは?/

 あわせて読みたい

国民栄誉賞くさわしくない人

お役に立てたらぜひシェアお願いします\^^/♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。