ボイスⅡ110緊急指令室8話あらすじネタバレ感想!撃たれた石川の運命は?!

2021年9月11日、唐沢寿明さんさん、石川透さん、真木よう子さんが主演の「ボイスⅡ110緊急指令室」8話が放送されました!

重藤雄二は生きていた!撃たれた石川の運命やいかに?!さっそく8話を見ていきたいと思います!

【ボイスⅡ緊急指令室】8話のあらすじネタバレ!

炸裂音と共に膝から崩れ落ちた石川(増田貴久)。その胸は銃で撃ち抜かれていた!混乱しながらも必死に止血する樋口(唐沢寿明)だが、意識を失った石川の血は止まらない。一方、屋上を飛び出したひかり(真木よう子)は、隣のビルから逃走した狙撃犯と久遠(安藤政信)を追う。雑音の中、ひかりの耳が捉えたのは、隣のビルから逃走する“聞き慣れた足音”。その音の先にいたのは、顔に火傷の痕が残る重藤雄二だった!
「来るな」ひかりを牽制する重藤は、現場から走り去る。

一方、病院に運ばれ救命処置を受ける石川は、生死の淵をさまよっていた。樋口の必死の呼びかけは、石川に届くのか……!?
緊急指令室へ戻ったひかりは、石川が撃たれる直前に、狙撃場所となった隣のビルの屋上に向かう重藤の姿が防犯カメラに映っていたことを知る。重藤が久遠と繋がっている可能性に、言葉をなくすひかりたち。港東署には特別捜査本部が立ち上がり、捜査一課が主導となって重藤の捜索が始まる。

そんな中、ECUに『これから人が殺される』という不審な110番通報が入る。通報者の声は、なんと久遠!不敵に笑うその声は、人を殺すのは自分ではなく、重藤だと告げる。重藤に殺人を犯させることで、久遠はひかりを絶望の淵へ突き落とそうとしていた……。果たして、ECUは重藤を止めることができるのか!?そして久遠の真の目的とは……。

ー「作品名」公式HPより引用

重藤班長が生きているかもしれない?!

屋上の上で踊る久遠京介の姿を見ていた瞬間銃声が聞こえた…石川が撃たれてしまった!

必死に石川の撃たれた所を止血している樋口だが、石川の意識は段々と無くなっていく。

処置をしている間も、樋口達は気が気でなかったが、治療は最善を尽くされたが石川は短い命に終わりを告げてしまった。

樋口は、石川の傍で茫然としてしまい、重藤の事まで頭が回っていなかった。

ひかりは、屋上から逃げて行った久遠の後を追っていたが、その時に新たな足音を捉える。

その足音は、亡くなったはずの重藤班長だった!

情報は、すぐに共有されたが全員信じられないという様子だった。

どうして、みんなに姿を隠して逃げ続けているのか?!

 

そこへ、ECUに久遠から突然電話が入る…ひかりが電話を替わると「また新たに人が死ぬ」と。

犯人は、久遠ではなく重藤だと話して、何故なのかとひかりは聞く。

重藤は一度大やけどを負わされ警察官たちに重藤が死んだと思わせるために別の場所に移動して久遠から処置を受けていた。

そこで、1年前に重藤の妹・恵美が亡くなった原因を聞かされていた。

恵美は、当時付き合っていた佐野雅弘と一緒に山に行った帰りに崖から落ちて亡くなった。

しかし、その話は全て嘘だった。

解剖されるべきだったのに、久遠の居た解剖室の福田は当日10体以上の遺体を検案しなければならず、恵美まで手が回らなかった為、嘘の検案書を提出した。

それが、原因で本当の死の原因が分からなかった。

恵美のお腹の中には赤ちゃんが居た。

しかし、雅弘は子供を産もうとしていた恵美を暴行して殺害した。

その事を知った重藤は雅弘に本当の事を聞くために拉致し本当であれば復讐しようと考えた。

雅弘は、恵美と交際した時期に現在の婚約者に出会い邪魔になったので、恵美を殺害した。

最愛の妹が殺された事が許せなくて、追ってきたひかりにまで銃を放った。

だが、ひかりは重藤が居る場所を突き止めて犯行を止める事が出来たが、重藤が石川を撃った訳ではなかった。

重藤は久遠に妹が亡くなった原因の証拠を渡すと言われて反対側の屋上にやってきたがそこで銃声が聞こえた。

石川を撃った犯人は、身近にいると思った全員が防犯カメラに映らないように逃げた人物を追うと、捜査一課に一人だけ防犯カメラには一度も映っていない人物がいた。

片桐ゆうとが、久遠の橋渡し役をしていた。

▲この【ボイスⅡ110緊急指令室8話】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(2週間無料で見放題)

【ボイスⅡ緊急指令室】8話の感想・口コミ・評判は?

Twitter上には、透ちゃんを失ったまさかの展開の悲痛な叫び声が…涙。本当に本当に死んでしまったのでしょうか?それとも伏線?と推測する声も。

【ボイスⅡ緊急指令室】9話(次回)の内容・今後の展開は?

久遠(安藤政信)と内通し、石川(増田貴久)を殺害した片桐に銃を向けた樋口(唐沢寿明)。しかし、片桐はすかさず通孝に銃を突き付ける!憎しみに火をつけ、自分に引き金を引かせることが久遠の目的であることに気づいた樋口は、通孝を生きて解放することを条件に、あえて片桐に逃亡を許す。

その頃、海が見える別荘で現場のやり取りを聞いていた久遠は、自分の思い通りにならない樋口に苛立ちを感じていた。その目には、死んでもなお幻影となって久遠を責め立てる母親の姿が見えていて……。
樋口とひかり(真木よう子)は、ECUメンバーを集め、徐々に分かってきた久遠の情報を整理する。有名な舞踊家の娘だった久遠の母・由紀子は17歳の時に久遠を妊娠。これまで久遠が直接殺した被害者たちは、自分の母親と同学年で同じ地区に住んでいた人物だったことがわかる。

一方、ECUの緒方は、片桐のPCを自宅に持ち帰り、解析を進めていた。片桐が頻繁にアクセスしていたダークウェブ上のサイトを調べると、なんと今まで久遠が火をつけて起きた殺人事件の数々が実況放送されていたことが発覚。片桐は、閲覧数を稼ぐことで久遠の資金源を確保していた。サイトを潰そうとPCを操作する緒方。しかしその時、突然部屋に侵入してきた片桐に襲われて……!?目が覚めた時、緒方の前に現れたのは、微笑む久遠だった……!再び狙われる仲間の命!現場へ急ぐ樋口とひかりの無線に、緒方の絶望の悲鳴が響き渡る!

ー「ボイスⅡ」公式ページより引用

透ちゃん……信じられないですっ……。重藤が生きていた事は驚きですが、まさかまさか、透ちゃんがいなくなるなんてっ……
久遠は、何がしたいのでしょうか?!

人が悲しむ姿が好きなのはわかったけど、どうして片桐ゆうとは久遠の橋渡し役になったのかという事。虐待事件で、助けられたのではなく母親と話されてしまったと感じた久遠は樋口の事を恨んでますね。

今一緒にいる母親は既に亡くなっているので、その事も何か樋口に恨みを抱く一つの原因になっているのではないかと…。

既に亡くなっている母親と一緒に行動を共にしているというのも驚きですが、久遠の背中は次第に捉えられるようになってきましたよね。

あわせて読みたい

まとめ【ボイスⅡ緊急指令室】8話あらすじネタバレ感想まとめ!

以上、2021年9月11日に放送された唐沢寿明さんさん、石川透さん、真木よう子さんが主演の「ボイスⅡ110緊急指令室」8話のあらすじ感想についてご紹介しました!

ひかりと樋口は大きな代償を背負いながら久遠の後を追っているんですね…これからのボイスは久遠の逮捕という目的になってきますが、久遠と片桐の関係も気になるります。まだまだドキドキが残るボイスⅡ最終回まで目が離せない!!

ボイスⅡ8話を見逃してしまった方は無料でフル視聴できますのでコチラをチェック!▼

\【ボイスⅡ110緊急指令室】を無料動画で楽しむならコチラ/

【ボイスⅡ110緊急指令室】は
動画配信サービス・Huluにて1話から最終話にて全話配信中です。
2週間の無料体験期間中は、日テレドラマが見放題♪
2週間以内に解約でき、解約金はいっさいかかりません

お役に立てたらぜひシェアお願いします\^^/♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。