ボイスⅡ110緊急指令室5話あらすじネタバレ感想!ついに白塗り男の正体が明かされる!

2021年8月14日、唐沢寿明さんさん、石川透さん、真木よう子さんが主演の「ボイスⅡ110緊急指令室」5話が放送されました!

5話のゲスト声優さんは、「進撃の巨人」「七つの大罪」の声優をされている梶裕貴さんです。

今夜、ついに白塗り野郎の正体が明らかに?!樋口が絶体絶命の大ピンチ?!

目が離せない展開となっております!

さっそく「ボイスⅡ110緊急指令室」5話の内容を見ていきたいと思います!

【ボイスⅡ110緊急指令室】5話のあらすじネタバレ!

 

白塗りの男に拉致された樋口(唐沢寿明)が目を覚ましたのは、枯れた井戸の底。そこには、4体の人骨が転がっていた!必死に冷静さを保ち、投げ込まれていた無線で助けを呼ぶ樋口。かろうじてECUと通信が繋がるも、妨害電波のせいで樋口の正確な位置が特定できない。ひかり(真木よう子)たちは無線の発信圏内にある廃止された井戸の捜索を急ぐ!

そんな中、井戸の中に設置されたスピーカーから何者かの声が聞こえる。ガスを吸った声の主は、あと1時間で井戸の酸素が尽きると告げ、さらに、「お前、人を殺したことがあるだろ?」と、樋口が警察官として犯してきた『罪』の懺悔を迫る!その口調に耳をすませたひかりは、それが、白塗りの男とは別人であることに気づくが……!

そんな矢先、街中で爆発が発生したという110番通報が立て続けに入る。樋口が罪を告白しないとさらなる犠牲者が出ると脅す犯人。さらに、井戸の中の樋口の様子が、ネットでライブ配信されていることがわかり……!?
一方、県警本部長・小野田に、白塗りの男によって殺された刈谷との関係を問う石川(増田貴久)は、白塗りの男による一連の事件の核心に近づこうとしていた……。
犯人は、樋口が『ハマの狂犬』と呼ばれるようになった過去の事件について、ネット配信の閲覧者数が1万人を超えてから公開処刑を始めると告げる。井戸の酸素は残りわずか!樋口は井戸から脱出することができるのか!?

ー「作品名」公式HPより引用

樋口彰吾誘拐

大樹の事が心配になり、病室のベッドの横についていた樋口でしたが、背後から近づいてくる白塗り男に気付かず襲われてしまいます。首に注射を刺されてしまい、そのまま意識を失ってしまい、気付いたら井戸の底に眠っていました。

幸い、無線は繋がっていましたが、井戸の中にはカメラとスピーカーもつけられていました。完全に密閉されており、位置情報も特定できません。

監禁場所の手がかりになる音をひかりが拾ってみようと試みるものの音が聞き取る事が出来ませんでした。すでに、監禁されてから17時間という時間が、経っていますが、突如スピーカーから白塗り男の声が流れてきました。

あと一時間、全て計算されている

井戸の中に残されている酸素は後一時間で、尽きてしまいますが、白塗り男は樋口の事を人殺しと言いました。

懺悔の始まり」と言いましたが、一体なんのことなのでしょうか。

ひかりは、樋口のいる場所の音を随時聞いていますが、違和感を持ちました。今までの、白塗り男の声とは別なのです。

抑揚などから、今スピーカーで話しているのは白塗り男ではないとひかりは断定しました。

別の人間で、声の震えを抑えているという事は恨みの感情を樋口に抱いており、復讐しようとしているということです。

白塗り男が、この犯人に復讐の火をつけた事は間違いありませんが、何が起きたか分かるというのはどういうことなのでしょうか。

犯人は、すぐに真相が分かると話し、同時に2か所に爆弾を仕掛け爆発させました。

お前のせいでまた人が死んでしまう」。

ひかりはある場所の音を拾いだしました。犯人とは別に誰かが、樋口の姿をカメラで監視しており警察に送りつけてきました。

その監視している男は「母さん、あの樋口彰吾だよ。僕たちの事を覚えているのかな」と意味深な言葉を話しました。

IPアドレスは偽装されており、突き止める事が出来ませんがネットでライブ配信されているこの状況を犯人2人で楽しんでいます。

樋口はよじ登ろうとしていますが、体力が既になくなってしまっていて上ることができません。

ハマの狂犬の過去

声を変えた犯人が、樋口の過去の事件について語り始めました。樋口が担当した刑事になって3年目の時に起きた事件からです。

信用金庫の強盗殺人事件で、犯人を樋口が追い詰めて逃亡を図り、途中で歩行者を突き飛ばして、歩行者が犠牲になってしまいました。

被害者は、娘の結婚式を控えていたのです。

数年後、今度はある町で男性が当時交際していた女性を殺害して逃走しました。

樋口は、現場に駆けつけて犯人が逃亡した為に追跡しましたが、執拗に追跡した為に歩道橋から転落してしまい死亡しました。

どれも、樋口のせいという訳ではありませんが、犯人はどうしてもそこを追求したいのです。

そして、ハマの狂犬と呼ばれるようになった事件の事を追求しようとしていますが、ひかりは心当たりがありません。

現在、パートナーを組んでいる石川巡査に話を聞くと、以前樋口とバディを組んでいた相手が殉職していると聞かされました。

その相手は「志村 弘毅」平成15年8月に覚せい剤密輸事件の捜査中に火災で亡くなっています。

相棒を見殺しにしたと言いましたが、樋口は当時違法的な捜査をしており、志村はそれに気づいていました。

ですが、この事件の犯人を捕まえようとしている時、犯人はすでに追い詰められており志村を刺しました。

その後、建物に火をつけて、自身も自殺しようとしましたが、樋口は現場にかけつけ助けようとしたのは犯人でした。

瀕死の状態で、もし助けていれば命は失う事はなかったかもしれない志村ではなく、犯人だったのです。

捜査していくと、志村には当時5歳だった男の子がおり現在は23歳になっています。

事件現場でなぜか樋口は、無線を意図的に切ってその後処分を受ける事はなかったのです。

樋口は、犯人の言う通りだと話しましたが、石川が樋口に話がしたいと無線を繋ぎました。

当時、樋口が違法的な捜査をしていたと思われていますが、本当は志村が違法捜査をしておりお金を得ていたのです。

志村には当時息子が心臓移植を受けないと助からない病気であり、見殺しにしたわけではないのです。

樋口は負傷している志村を助けようとしたのですが、志村が拒んだのです。

そして、現在志村の息子は臓器コーディネーターとして働いているため今回の犯人ではないと判明しました。

樋口は、すでに犯人の存在に気付いていたのです。

犯人は、助けた秋葉の息子:秋葉雅也だったのです。

父親の事を助けていたので、普通は感謝しているのかと思いましたが、救われた後覚せい剤で逮捕されました。

しかし、8年後に仮出所した際にまた覚せい剤に手を出して無差別殺人事件を起こしていました。

タイムリミットまでは後10分しかありませんが、まだ居場所は判明していません。

雅也は、当時無差別殺人事件を父親が犯してからというもの苦痛に耐えてきました。

被害者家族を守る法律はあったとしても、加害者家族を守る法律は何も日本にはありません。

事件の時に、父親を助けずに志村を助けてればつらい目に遭わなかったかもしれないと言いました。

最後に、雅也は捜査員に声をかけられて何も動じませんでしたが、こう言いました。

「また罪が生まれる」

そう言い残し、手元に持っていた爆弾を爆発させ死亡しました。

白塗り男の正体発覚!

捜査員や周りの人に被害は及びませんでしたが、監禁されている場所は確実に分からなくなってしまいました。

雅也が亡くなった後に、配信を一緒に見ていたもうひとりの男が話しだしました。

何と、その声は白塗り男の声だったのです。

この映像を、大樹も見ていたと白塗り男は話、父親が罵倒されている姿をタブレットでわざわざ見ていたのです。

何が目的なのか分かりませんでしたが、白塗り男は、樋口の過去に関わった事件の中の一人なのです。

樋口は、最後の力を振り絞って今できる事をやる為に警察官を続けていると白塗り男に言いました。

ひかりに最後までどこにいるのか突き止めてほしいと願いを述べて必死の井戸の中を登ろうとしています。

息も絶え絶えになってきていますが、必死に登ろうとしましたが、落下してしまいひかりの問いかけに一切答える事が無くなってしまいました。

ひかりは、やっとの事で音を拾い出していきますが、無線の電波が完全に消えてしまいました。

絶望しますが、ひかりは最後の音を聞き出して執念の結果、井戸の場所を突き止めました。

うつろうつろした意識の中、樋口は大樹の幻影を見て大樹はこう問いかけました。

「パパは人殺しなの。ママも僕も助けなかった」と言いました。

既に、白塗り男に洗脳されてしまっているんだと思いますが、やっと石川達が樋口の居場所を突き止めましたが呼吸していませんでした。

石川もまた発作が起きてしまいましたが、薬を大量に服用して何とか蘇生を行い、樋口は意識を取り戻しました。

意識を取り戻した樋口達は、井戸の底にあった白骨化した遺体を調べた所、同じ様に左胸部を焼かれた事が確認されました。

遺体は4人。

現時点で分かっている事は少ないのですが、樋口は大樹の担当医から呼び出され病院に向かいましたが、遺体を観察した監察医の行動がおかしいのです。

大樹の主治医の元に向かうと絵画療法を行っているのですが、パパとママ、ひかりが塗りつぶされており確実に白塗り男に洗脳されていると確信しました。

食堂にいる大樹の傍に、白塗り男が座り耳打ちで指示すると、近づいてきたひかりを階段から突き飛ばそうとします。

白塗り男が大樹にした洗脳は、ひかりが大樹のママを殺害した犯人だと植え付け火をつけさせたと樋口は突き止めました。

そして、白塗り男は監察医だったのです。

▲この【ボイスⅡ110緊急指令室5話】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(2週間無料で見放題)

【ボイスⅡ110緊急指令室】5話の感想・口コミ・評判は?

 やっと白塗り男の正体が判明しましたね!皆さん予想通りの方だったでしょうか。子供の心を操って、火をつけて何の罪もない人々を復讐に巻き込んでいこうとするのは間違っています。

しかし、白塗り男は過去に樋口が担当した事件に関わっている人物だという所まで突き止めました。

白塗り男と、その母親がどうして樋口に関わっているのかは今から判明するのだと思いますが、母親は寝たきりの生活になっている光景でしたので、それが一番火をつけたのかもしれません。

樋口のせいじゃないとしても、どうしても復讐をしたい。自分の思っている事を吐き出す場所がないので、樋口と大樹をターゲットにしているのかもしれません。

Twitterではいつも以上に、白塗り野郎の考察合戦が盛り上がっていましたよ!

【ボイスⅡ110緊急指令室】6話(次回)の内容・今後の展開は?

 

ひかり(真木よう子)を階段から突き落とそうとする大樹!その時、駆けつけた樋口(唐沢寿明)が大樹を抱きしめる!樋口は、白塗りの男が大樹に植えつけた強い憎悪を前に、その目的を確信する。それは、樋口と大樹の親子の絆を壊すこと。そして、樋口には犯人の心当たりがあった。その記憶は25年前、ある少年の虐待事件に遡る……。

その頃、“白塗りの男”こと久遠京介(安藤政信)は、一般人に紛れ込み、日常生活を送っていた。自宅マンションに帰った久遠は、同居する母親に意味深な言葉をかける。
「樋口彰吾には僕がどう生きてきたか教えてあげないとね」
翌日。井戸から発見された遺体の身元が判明する。4人は全員同い年で同郷。白塗りの男に殺された刈谷、そして県警本部長の小野田とも特徴が一致していた。

一方、石川(増田貴久)は、精神的な症状を隠して捜査を続けるものの、手元の薬はあと1回分を残すのみになっていた……。
そんな中、ネットの生配信中に、配信者が心霊スポットで襲われた、という110番通報が入る!場所は3年前に女子高生が殺害された廃墟。配信された映像には、血塗れの少女が髪を振り乱しながら配信者・成瀬たちに噛みつく姿が映っていて……!ひかりは、成瀬がこれまでに配信していた“やらせ動画”と違い、今回の映像が本物であることを聞き分ける。現場に急行する緊急出動班!夜の心霊スポットで待っていたものとは……!?

ー「作品名」公式HPより引用

 

あわせて読みたい

【ボイスⅡ110緊急指令室】5話あらすじネタバレ感想まとめ!

今回ついに白塗野郎の正体が明らかになりましたね。

大樹には同じ様に母親を失った人間と思わせているのか卑劣な行動ですが、今回、疑惑がかかっていた小野田さんも辞めてしまったので、一体どんな関係があるのかまだまだ見どころ満載です。

次回もドキドキが止まらない展開となっていますね。今回見逃しちゃった方、ぜひ無料動画をチェックしてみてくださいね^^

\【ボイスⅡ110緊急指令室】を無料動画で楽しむならコチラ/

【ボイス緊急指令室】は
動画配信サービス・Huluにて1話から最終話にて全話配信中です。
2週間の無料体験期間中は、日テレドラマが見放題♪
2週間以内に解約でき、解約金はいっさいかかりません

お役に立てたらぜひシェアお願いします\^^/♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。