ボイスⅡ110緊急指令室3話あらすじネタバレ感想!

voice

2021年7月24㈯、唐沢寿明さんさん、石川透さん、真木よう子さんが主演の「ボイスⅡ110緊急指令室」3話が放送されました!

はたして内通者・裏切者がECUにいるのでしょうか?

さっそく、7月24日放送の3話のネタバレ・感想・口コミからご紹介します!

\【ボイスⅡ110緊急指令室】を無料動画で楽しむならコチラ/

ボイスⅡ110緊急指令室】は
動画配信サービス・Huluにて1話から最終話にて全話配信中です。
2週間の無料体験期間中は、日テレドラマが見放題♪
2週間以内に解約でき、解約金はいっさいかかりません


ボイスⅡ110緊急指令室3話のあらすじネタバレ!

薫の幼い弟・優太の連れ去り事件が発生!9歳の頃、塚田の性犯罪被害に遭っていた薫は、弟の残した絵に描かれた“ある物”を見て、犯人が塚田であることを直感する。樋口(唐沢寿明)は塚田の自宅にあった手がかりから、塚田がセメントを扱う工場を犯行場所として下見していたと推測。ECUのひかり(真木よう子)たちと協力し、塚田と優太の足跡を辿る!

巨大な廃工場にたどり着いた樋口と石川(増田貴久)は、塚田の使用していた自転車を発見する。同じ頃、工場内部の隠し部屋では、塚田によって、優太の身に危険が迫っていた……!
樋口と石川が呼びかける声を聞き、必死に答えようとする優太。しかし、狂気の塚田を前に、声を出すことができず、ひかりも音を捉えることができない!そんな中、樋口は、“ある作戦”を思いつくが……。その先にも難関が待ち構えていた!

そして、現場から逃走した塚田を追っていた石川は、逮捕直前、血を流す塚田の顔を前にして、突然めまいに襲われる……。実は石川は、白塗りの男の共犯者・純名を射殺した時のトラウマに苦しみながら、樋口にも相談できずにいた。
さらに、塚田が隠そうとしていた“重要な証拠”が発見されたことで、事件は思いもしない急展開を迎える……!

ー「作品名」公式HPより引用

弟・武井優太を連れ去った塚田(中山求一郎)は、7年前に当時9歳だった武井茜のわいせつ罪をはたらき、刑務所にいたが出所した矢先のことだった。過去の出来事に未だに苦しむ武井茜。

弟・武井優太を連れ去った塚田が紙袋にピエロの衣装らしきものを入れていたのを確認したひかりは、コードゼロを発信。

塚田の靴にセメントがついていたことを思い出した樋口は、透と近くのセメント工場にいき、自転車を発見。

あらかじめ、幼児を監禁する場所を下調べするという塚田。

樋口はひかりの絶対聴力を頼りにしていると、優太がおもちゃの変身ベルトをしていてそこから発せられる音をひかりがキャッチし、樋口たちは無事生きている優太を発見。

塚田を追い詰め、一旦は取り押さえるものの、透は、二ノ宮純名(片山友希)を殺してしまったときのトラウマがよみがえり、逃がしてしまう。

そのあと、樋口が塚田を逮捕。

塚田は、逮捕される前に、優太の写真が入った”はなまる”の包みを投げ捨てていた。これが、市役所立てこもりの犯人(堀部康太)に爆弾が届けられたとき、その箱に描かれていたものと一緒だったため、立てこもり犯も、今回の幼児連れ去り事件も、あの白塗り野郎の関係していることが判明。

そのあと、塚田の部屋にガソリンスタンドの明細書がでてきて、そのガソリンスタンドに急ぐ樋口と透。防犯カメラの映像を見ると、なんと、塚田の助手席に大樹(鳥越壮真)、そして後部座席に白塗り野郎の姿が!

大樹の誘拐に手を貸していた塚田を許せない樋口は、塚田のいる取調室へ乱入し、いちど蹴り飛ばしたあと、釈放すると塚田に告げる。

ガソリンスタンドの映像を公開し、逮捕されたはずの塚田が釈放すれば、白塗り野郎は塚田が裏切ったと思い、白塗り野郎は塚田を始末するだろうし、塚田はずっと奴の影に怯えて生きていくことになる。

樋口の説得で塚田は樋口にすべてを話すことにするが、聴取直前、重藤(藤本隆宏)とその相棒の片桐優斗(中川大輔)がやってきて、塚田の聴取は捜査一課でやると塚田を連れて行こうとする。

捜査一課に逆らうことができないECUであったが、なんとかそれを止めようとする樋口とひかり。

樋口にしか話さない、話が違うと興奮し出す塚田を取調室に戻し、樋口やひかりが重藤と話している間会議室に手錠をかけられ1人の状態になる塚田。

そこへ、ECU内に協力者がいないと実行不可能な手口でみごとに窓から侵入した白塗り野郎が「選択を間違ったな」と言い、塚田に薬を注射して殺してしまい、焼印を押されてしまう。

その物音に気付いたひかりが部屋に戻ろうとするが、なぜか部屋には鍵がかかっている。

片桐刑事が鍵を取りに行っている間に白塗り野郎は窓から逃亡する。

防犯カメラにも白塗り野郎の姿はなく、内通者がいると判断した樋口。

****

翌朝、夜勤明けに帰る小松知里(藤間爽子)につきまとうイケメンのストーカー男(前園俊哉)に、「今から弁護士にいく」と告げられ土下座をして許しを請う。

小松知里は逃げるが、男につかまってしまい、非常階段で殴る蹴るの暴行をうける。

小松知里の身に危険を察知したひかりが小松知里に電話し、自分は小松知里の婚約者だと名乗る。
ひかりに電話を代われと言われて仕方なく知里に話させると、小松知里は呼吸が乱れており、唇が切れている(ケガをしている)ことを察したひかり。そして小松知里は「病院にいる、コンディションゼロ」と伝えひかりに危機を知らせる。ひかりは、コードゼロを発令。

小松知里が向かおうとしていた先は、病院ではなく、DV専門の弁護士事務所だった。樋口と透は、小松知里を連れ去ったDV男を追う…

▲この【ボイスⅡ110緊急指令室3話】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(2週間無料で見放題)


ボイスⅡ110緊急指令室3話の感想・口コミ・評判は?

ツイッター上では、わずか3話目にして真犯人・白塗り野郎を特定できた!という声も…。

過去の回での犯人たちのつながりも見えてきて、かなり樋口と透の追跡が迫ってきている感じもしますね。

3話の”ボイス”ゲスト出演は、ワルモノから姉を助けるために買った「ビートルナイト」の変身ベルトから聞こえてきた”声”の正体が松岡禎丞さんでしたね。

これにいち早く気づくファンはさすがですね☆

ボイスⅡ110緊急指令室4話(次回)の内容・今後の展開は?

元交際相手・前薗に拉致されたECU室員の知里。緊急指令室では、逃走車両を特定し、樋口(唐沢寿明)と石川(増田貴久)が追跡を急ぐ!

そんな中、知里を襲った前薗が、大型リゾート施設を開発している前薗グループの御曹司であることが発覚。ひかり(真木よう子)は、前薗がリゾート近くにある別荘に知里を連れ込むと読み、事件は逮捕監禁事件に発展する。同じ頃、前薗の別荘では、知里に命の危機が迫っていた!

事件発生から44分。別荘に到着した樋口と石川が発見したのは……なんと腹部を刺された前薗の姿!さらに現場から知里の姿は消えていて……。ECU内で動揺が広がる中、緊急出動班は現場からの逃走に使われた前薗の車の行方を追う。
一方、別荘に残った樋口は、玄関と逆方向の壁に血痕がついていることに気づく。さらにECUのひかりは樋口の無線から微かな音をキャッチ。別荘内にまだ人が潜んでいることを言い当てる。重いドアの向こうにいた人物とは……!?さらに、前薗の過去を調べると、その恐ろしい本性が明らかになる!

ー「作品名」公式HPより引用

あわせて読みたい
ボイスⅡ110緊急指令室2話あらすじネタバレ感想!
ボイスⅡ110緊急指令室4話あらすじネタバレ感想!

まとめ:ボイスⅡ110緊急指令室3話あらすじネタバレ感想まとめ!

簡単に本文の内容をまとめる。

最後にこのドラマを無料で見れることを案内する↓

\【ボイスⅡ110緊急指令室】を無料動画で楽しむならコチラ/

ボイスⅡ110緊急指令室】は
動画配信サービス・Huluにて1話から最終話にて全話配信中です。
2週間の無料体験期間中は、日テレドラマが見放題♪
2週間以内に解約でき、解約金はいっさいかかりません


voice

お役に立てたらぜひシェアお願いします\^^/♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。