イタイケに恋して3話あらすじネタバレ!人は顔で好きになる?

2021年7月15日、シェアハウスを舞台にした、渡辺 大知さん・菊池 風磨・アイク ぬわらさん達が演じる、不器用でモテない男子3人が恋のキューピッドとして大奮闘する「イタイケに恋して」の第3話が放送されました!

3話のゲストは黒川智花さんと笠原秀幸さん(1人2役!!)。

さっそく「イタイケに恋して」話3のあらすじ・感想・口コミを追ってみましょう♪

\【イタイケに恋して】を無料動画で楽しむならコチラ/

【イタイケに恋して】は
動画配信サービス・Huluにて1話から最終話にて全話配信中です。
2週間の無料体験期間中は、日テレドラマが見放題♪
2週間以内に解約でき、解約金はいっさいかかりません

 

【イタイケに恋して】3話のあらすじネタバレ!

ある朝、飯塚(菊池風磨)が、夜中にキッチンで物音がして誰かの影が見えたと言い出す。しかし、影山(渡辺大知)、マリック(アイクぬわら)、佐知(石井杏奈)は物音を聞いていないし、身に覚えがなかった。飯塚は、不気味な現象に怯える。
そんな中、依頼人のみなみ(黒川智花)が研究所を訪れる。みなみは、高校時代に付き合っていた悠也(笠原秀幸)と結婚の約束までしたのだが、卒業してすぐ、一方的に別れを告げられた。数年後、みなみは聖里矢(笠原・2役)という男性と出会った。彼は、悠也と顔が瓜二つ。しかし、悠也と聖里矢はまったくの別人で血縁関係もなかった。みなみは、聖里矢と付き合い始める。聖里矢は悠也と性格がまったく違い、だらしない男だった。みなみは友人や親から、聖里矢の顔が好きなだけで付き合っているのだろうと言われて交際を反対されていた。

みなみは3人に向かって、同じ顔の人を好きになっても別に構わないはずだと主張。影山とマリックは、みなみが聖里矢に悠也の姿を重ねて幻影を追っているのではないかと心配する。すると、みなみは怒り出して帰ってしまう。
佐知は、依頼人に寄り添えなかった3人を叱る。3人はもう一度、みなみの話を聞くために連絡するが、返事はなかった。
「顔で好きになるのは、悪いことか!?」
3人は、なぜ人は顔で人を好きになるのか、あれこれと考える。

翌日、影山のもとに、外出していた飯塚から電話が来る。飯塚は、みなみの家を訪ねたのだが、聖里矢が出てきて因縁をつけられ、あわてて逃げたのだという。
「もしかしたら、そっちに行くかもしれない」
「ええっ!?」
聖里矢が飯塚を追いかけて研究所に押しかけてくるのではないかと混乱する影山とマリック。その時、玄関のチャイムが鳴る。マリックが恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは意外な人物で…。
ー「イタイケに恋して」公式HPより引用

3話の依頼者はひなたみなみ(黒川智花)

前回2話の最後のシーンで、将希(菊池風磨)がチラッと見た、謎のビジュアル系の人物……影山(渡辺大知)のKORUKU姿。

これに対して、影山(渡辺大知)は結婚式の余興だといってなんとか誤魔化す…。

相談にやってきた、ひなたみなみ(黒川智花)の相談内容とは…?

高校時代に付き合っていた悠也(笠原秀幸)と結婚の約束をしていたひなたみなみ(黒川智花)は卒業後、一方的に別れを告げられ、数年後に聖里矢(笠原秀幸)という、ヒモ男に出会う。

それでも聖里矢(笠原秀幸)を好きになったひなたみなみ(黒川智花)に対して周囲の反応は、
『顔が好きなだけ。別れたほうがいい』という、つれない反応。

同じ顔の人を好きになっても構わない”と思っているひなたみなみ(黒川智花)に対して、『高校時代に付き合っていた悠也の幻影を追っているのでは?』と影山とマリックに言われ、ひなたみなみ(黒川智花)は憤慨して帰ってしまう。

ひなたみなみ(黒川智花)は元カレの悠也の幻影を追っているのでは、と影山とマリックに言われ「顔が好きなの」と怒って帰ってしまった。

『相談者の気持ちに共感し寄り添うのが仕事でしょ』と、佐知にお叱りを受け、仕切り直す3人。

人が顔を見て好きになるのは〇〇?!

今回もやはり、ひなたみなみ(黒川智花)にうっすらと恋心を抱き始める将希(菊池風磨)だが、さっそくAIシュミレーターの六郎(升毅)に相談してみる3人。

六郎(升毅)いわく、
人が顔を見て好きになるというのは、顔の左右対称が整っているのは健康な証拠で、強い遺伝子を残そうとする本能がはたらくため、人は整った顔を自然と選び好きになる
ということらしい。

そこで、影山(渡辺大知)は過去のトラウマになっている元カノ・結花(石川恋)との恋愛を思い返す…。

路上ライブをしていた影山(渡辺大知)を歌を毎回聴きに来てくれた結花(石川恋)。
結花(石川恋)が毎回影山は(渡辺大知)の歌を聴きに行ったのは、『影山(渡辺大知)の顔が好きだから』と話す。

そのあと2人は付き合うことになるのだが、結花(石川恋)の二股で結局別れることに…。

****

みなみの家で聖里矢(笠原秀幸)から言いがかりをつけられ、シェアハウス研究所の場所の明かしてしまった将希(菊池風磨)。

しかし、シェアハウス研究所に先にやってきたのは、聖里矢にそっくりな元カレ・悠也(笠原秀幸)だった。影山とマリックは、悠也を聖里矢だと勘違いしてしまう。

悠也(笠原秀幸)は、みなみと別れたことを後悔していて、チャンスがあるならやり直したいと考えていた。

そこに、聖里矢(笠原秀幸)が訪ねてきて、シェハウス研究所にそっくりの男性2人、ゆうやとせりや(笠原秀幸)が…。

グラビアアイドルに似てるからひなたみなみ(黒川智花)を好きになったという聖里矢。

そんな聖里矢に、悠也が来ていることを話すマリック(アイクぬわら)。
『このままだと、ひなたみなみはエリートサラリーマンの悠也に傾いてしまうかも…』

****

ひなたみなみ(黒川智花)を呼んで集合した3人、ここで顔ではなく中身で選ぼうということになった。

色違いのスエット姿でみなみの前に現れた悠也と聖里矢、どちらがどちらか分からない状態で2人と過ごすみなみ。

最終的にみなみが選んだのは、彼の匂いを覚えていたという聖里矢の方だった。

将希(菊池風磨)の告白は今回も失敗に終わり、ひなたみなみと聖里矢はシェアハウス研究所をあとにした。

最後に、今日もKORUKUとなって熱唱する影山(渡辺大知)。そこへ、『私から逃げられと思ってる?』という元カノ・結花(石川恋)からの謎のメッセージが…。

つづく☆

▲この【イタイケの恋して】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(2週間無料で見放題)

【イタイケに恋して】3話の感想・口コミ・評判は?

今回も、土下座する将希(菊池風磨)くんの姿だったり、そっくり瓜二つの悠也と聖里矢が登場する場面だったり。みどころ満載でしたね♪

回が進むにつれてどんどん明かされていく、影山の過去の恋愛の真相や、影山のもうひとつの姿・KORUKUなどなど、ますます見逃せなくなってます!

イタイケに恋してドラマの劇中歌も気になってる方がいますね。

【イタイケに恋して】4話(次回)の内容・今後の展開は?

影山(渡辺大知)、飯塚(菊池風磨)、マリック(アイクぬわら)は、結婚式場に来ていた。
3人は、結婚式から花嫁のエレナ(尾崎由香)を奪いにきたのだ。飯塚が搬入業者、マリックがカメラマンにふんして式場に潜入し、影山が2人に指示を出して計画を実行するはずだった。しかし、最初からトラブルが続発し、計画通りに進まない…。
なぜ3人が花嫁を奪うことになったのか? 話は前日にさかのぼる。

エレナが研究所を訪れ、奇妙な依頼をした。
「結婚式で私を奪って、できるだけ遠くに連れ去ってほしいんです」
エレナは、親同士の決めた縁談で郁夫という男性と結婚を決めてしまったものの、式の準備を進めるうちに、彼とは考え方や価値観が違うと気付いてしまった。一番の決定打は、郁夫に嘘をつかれていたことだった。というのも、彼女は郁夫に勧められて、よく当たるという占い師にみてもらった。2人の相性はピッタリだと言われて、エレナは結婚を決めた。しかし後になって、その占い師は郁夫が仕込んだニセモノと分かったのだ。

佐知(石井杏奈)は、恋愛相談以外は受け付けられないとして、エレナの依頼を断る。にもかかわらず、エレナに一目ぼれした飯塚が、佐知を無視して引き受けてしまったのだった。
結局、影山とマリックが式場に忍び込む。2人は、エレナと郁夫の式が行われているチャペルへと向かうが…。

ー「イタイケに恋して」公式HPより引用

次回も”イタキュン”な3人の、恋のお悩みのドタバタ解決大騒動が楽しみです♪

あわせて読みたい

 

まとめ:【イタイケに恋して】3話あらすじネタバレ感想まとめ!

以上、2021年7月15日に放送された、シェアハウスを舞台にした、渡辺 大知さん・菊池 風磨・アイク ぬわらさん達が演じる、不器用でモテない男子3人が恋のキューピッドとして大奮闘する「イタイケに恋して」第3話ダイジェストをお届けしました!

来週の菊池風磨くんのタキシード姿に早くもワクワク・ドキドキを隠せないファンもちらほら…♡
将希(菊池風磨)は今度は花嫁に恋しちゃうのでしょうか?!

政樹4話のキーポイント、”結婚相手に好きだからこそついてしまう?許せない嘘”とは?乞うご期待です♪

\【イタイケに恋して】を無料動画で楽しむならコチラ/

【イタイケに恋して】は
動画配信サービス・Huluにて1話から最終話にて全話配信中です。
2週間の無料体験期間中は、日テレドラマが見放題♪
2週間以内に解約でき、解約金はいっさいかかりません

お役に立てたらぜひシェアお願いします\^^/♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。