LiLiCo(リリコ)がプロレスラーを引退?骨折や病気で入院が原因?

LiLiCo(リリコ)がプロレスラーを引退?骨折や病気で入院が原因?

人気番組「王様のブランチ」などで活躍中のタレント・LiLiCo(りりこ)さんがプロレスラーを引退するとのニュースがありましたが、LiLiCo(りりこ)さんがプロレスラーだったことがそもそも驚き!という方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

LiLiCo(りりこ)さんは、来たる2022年3月20日にプロレス引退試合を行うことで、ケジメをつけるのだそうです。

プロレスラーを引退る理由としては、いままでの骨折や病気、入院などが原因だったのでしょうか?そこで、

  • LiLiCo(りりこ)さんがプロレスラーを引退する理由や原因は何?
  • LiLiCo(りりこ)さんがプロレスラーだったことが衝撃?!世間の反応は?
  • LiLiCo(りりこ)さんのこれまでのプロレスラーとしての戦歴は?強い?弱い?

以上について調べてみました!


LiLiCoのプロレスラーを引退する理由や原因は骨折や病気な入院が原因?

LiLiCo(りりこ)さんがプロレスラーを引退するというニュースがありましたが、そもそもLiLiCo(りりこ)さんがプロレスラーであったことに驚きですよね!

2022年3月2日のDDTプロレスリングの25周年記念の両国大会にて引退試合を行うことは発表してLiLiCo(りりこ)さんですが、今回引退する理由・原因は何だったのでしょうか?調べてみると、過去に骨折などの大きなケガを負っていたことが分かりました!

《LiLiCo(りりこ)さんのケガの既往歴》

  • 2020年8月、雨にぬれた地面で足を滑らせて転倒し左膝蓋骨(ひだりしつがいこつ)を骨折、治療のため左膝にボルトとワイヤを入れてリハビリをはじめる。
  • 2020年8月、声帯手術をうける。声は出せずに筆談を行う。
  • 2021年11月、膝のボルトとワイヤを抜く。

ボトルとワイヤをヒザに入れて入院するほどの手術ですから、大ケガを負っていたのですね。

LiLiCo(りりこ)さん、その治療のリハビリアをおよそ1年半頑張ってこられたワケですが、この膝の故障が原因でこれ以上のプロレス生活はできない、と判断されたようですね。

また、当時49歳にして初めての手術であったとのことで、LiLiCo(りりこ)さんにとって2020年は本当に大変な年だったのですね。

でも、ケガの治療を無事に克服して、プロレス人生のケジメをつけることに現在は闘志を燃やしているようですよ!

「最後はやっぱり勝ちますよ。ヒザ関係でできないこともいっぱいあります。でもできることだけに目を向けて」と闘志を燃やしたLiLiCo。ラストマッチの対戦相手には「男。雄と戦いたい。できたらハンサムな男」と希望するなど〝肉食ぶり〟も相変わらずだった…。

₋出典:Yahoo!

\LiLiCoさんの幸せマインドの秘訣がギュッと詰まった1冊はコチラ!▼/

 


LiLiCoのプロレスラー引退に世間の反応は?

LiLiCo(りりこ)さんが実はプロレスラーであったことに加えて、さらに今回引退するとあって、世間では

  • 知らなかった!
  • プロレス似合ってる!
  • すごい!

など、さっそく話題にのぼっていますね。世間の反応を見てみました☆

 

\LiLiCo(りりこ)さん自らデザインした『馬蹄』のネックレスがキレイ☆/

 

LiLiCoのプロレスラー引退までの経歴・戦歴は?強い?弱い?

最後に、気になるLiLiCo(りりこ)さんのプロレスラーとしての戦歴をまとめてみていきたいと思います。

《LiLiCo(りりこ)さんのプロレスラー経歴》

  • 2014年8月17日、DDTプロレスリングの開催する「アイアンマンヘビーメタル級選手権バトルロイヤル」に特別リングアナとして参加。試合後、バトルロイヤルを勝ち抜きゴージャス松野がダウンしていたところをフォールし3カウント、アイアンマン王座の第1009代王者となる。
  • 2014年12月23日、DDT後楽園大会にてヨシヒコに敗北。同王座から陥落。
  • 2015年8月23日、『両国ピーターパン2015〜DDTより愛をこめて〜』でプロレスデビュー。第2試合「時間差タッグバトルロイヤル」に出場、宮武俊とタッグを組み、勝ち残っていたアジャ・コング&大石真翔組と対戦したが、宮武がアジャに敗北
  • 2016年1月3日、DDT後楽園大会にて、アイアンマン王座を保持していた赤井沙希を奇襲し同王座を獲得。
  • 2016年3月21日、DDT両国大会にて梅田公太・渡瀬瑞基を引き連れ、赤井・大石真翔・レディビアードと対戦。卍固めで大石から勝利。アイアンマン王座を防衛。
  • 2016年4月24日、DDT後楽園ホールにて赤井沙希に敗れアイアンマン王座から陥落。
  • 2016年5月29日、DDT後楽園ホールにてスーパーササダンゴマシンの保持するEXTREME級王座に挑み、勝利し同王座を戴冠。
  • 2017年8月20日、DDTプロレス『両国ピーターパン2017〜ピーターパン 二十歳になっても ピーターパン〜』にて初代『KO-D10人タッグ王座』を獲得。

₋参照:Wikipedia

なんと2015年にプロレスラーとしてデビューしていたのですね!

あのアジャコングさんともガッチリ!からんでいます!LiLiCo(りりこ)さんのプロレスラーとしてのインパクト、強い、濃い!笑

LiLiCo(りりこ)さんがプロレスラーであったことは意外でしたが、こうして過去の試合風景を見ると、LiLiCo(りりこ)さん、プロレスラーとしての見た目の素質は完ぺきなのでは!?

デビューから、約6年間プロレスラーといして実は活躍していたということになりますが、LiLiCo(りりこ)さんは正直プロレスラーとしての腕前はどうだったのでしょう?

アイアンマン王座を獲得したり陥落したり繰り返していますが…とりあえずLiLiCo(りりこ)さんのマインドが強いことには変わりはないと言えそうですね^^

 


まとめ:LiLiCo(リリコ)がプロレスラーを引退?骨折や病気で入院が原因?

以上、LiLiCo(りりこ)さんに気になる話題として、プロレスラーを引退するにあたってその理由原因やLiLiCo(りりこ)さんのプロレスラーとしての戦歴・経歴について調査してみました☆

  • LiLiCo(りりこ)さんがプロレスラーを引退する理由は、2020年の左膝蓋骨(ひだりしつがいこつ)を骨折を克服したものの、プロレスという激しいスポーツをできる状態にはなく、引退を決意。

体のケガから無事に回復したものの、プロレスという戦いにこれ以上は続けられないということですが、最後に引退試合という機会があってケジメをつけることができそうでよかったですね。

これからはプロレス以外で、お茶目でパワフルなLiLiCo(りりこ)さんの活躍が見れるとよいですね♪


LiLiCo(リリコ)がプロレスラーを引退?骨折や病気で入院が原因?

お役に立てたらぜひシェアお願いします\^^/♪